妊娠線 消す

実際に妊娠線が消えた私の体験

実際に妊娠線が消えた体験を語りたいのはやまやまなのですが、残念ながら私には妊娠の経験そのものがありません。しかし妊娠線ができるのと同じ理由で生じてしまう肉割れ線が消えた体験談なら語れます。正確に言うと、薄くなった体験談ですかね。

 

あと細かいことを言うと、妊娠線は肉割れ線の一種であるので、妊娠線を消すのにも役立ててもらえると思うのです。私の肉割れ線は特に太ももに集中しています。実は若かりし頃に一か月で10キロ以上太るという体重の変動を経験しているのですが、その急激な変化に皮膚が耐え切れずに裂けてしまったのですね。妊娠線においては、急激にお腹が大きくなったことに腹部の皮膚が耐え切れなかったことが原因です。

 

そして私が忌々しい線を消すために使ったのは、ベビーオイルでした。
妊娠線を消す目的であれば、産後に赤ちゃんと一緒に使用できるので一石二鳥でしょう。
妊娠線を消すために大切なのは保湿だそうです。乾燥はできてしまった亀裂を悪化させますし、乾燥によって肌が痒くなって掻いてしまうとシミのように残ってしまうことがあるというのです。ちなみにベビーオイルの使い方はお風呂上がりに塗るだけ。簡単でしょう。騙されたと思ってやってみてください。

オススメはクリームと葉酸サプリ

妊娠中に行っておきたいことはたくさんあると思います。入院や生まれてくる子供のための準備も大切ですが、なによりも胎児の健康や母体の安全、もう少し重要度の低いところでは妊娠線の予防も気にしたいところですよね。今回は後に述べた三つのことに効果的なものをご紹介したいと思います。これらにオススメなのは妊娠線予防クリームと葉酸サプリです。まず妊娠線予防クリームはその名の通り妊娠線を予防するクリームです。妊娠線はお腹が急激に大きくなることに皮膚がついていけずに裂けてしまうことでできるものなので、皮膚を柔らかく保ち保湿を十分に行うことで予防することができるのです。できてしまった妊娠線を消すのはほぼ不可能ですので、早目に対策を講じることが肝心なのです。人によっては太ももやわきの下にできることもあるようなので、念には念を入れておきましょう。葉酸サプリはこれもその名のとおり葉酸が配合されたサプリです。葉酸は流産のリスクを下げたり、胎児の体を作るために欠かせない栄養でありながら、厚生労働省の掲げる理想的な摂取量を摂れている人は少ないのが現状という事実があります。ですので妊娠中には葉酸サプリを利用して積極的に葉酸を摂ることがオススメなのです。

クリームとサプリを使って妊娠線対策

クリームとサプリを使って妊娠線対策を行うことは、できれば妊娠中に行っておきたいことです。何故ならできてしまった妊娠線を消すことは、予防をすることよりもはるかに難しいからです。そもそも妊娠線は胎児の成長にお腹の皮膚が追い付かず裂けてしまうことで生じ、そこにメラニン色素が付着して黒ずむことでさらに消すのが難しくなる性質をもっています。ですから事前の対策が肝心というわけです。
妊娠線予防のためのクリームはたくさん売られていますが、そんなにお金をかけられないという方は普通の保湿クリームでも代用ができますよ。要はお腹の皮膚を柔らかくしておけば、皮膚が裂けずに上手く伸びるので妊娠線を予防できるのです。皮膚を柔らかくするのに必要なのは潤いです。お風呂を出た後は乾燥しやすいのでしっかり塗りましょう。またそれでもできてしまった妊娠線はサプリを使って軽減させることができるそうで、それはプラセンタ配合のサプリです。プラセンタには成長因子という細胞分裂の活性化を促す成分が含まれています。これにより裂けた部分の細胞分裂を促すことで修復させ、結果妊娠線が軽減するというわけです。ちなみにメラニン抑制効果もあるので、前述したメラニン色素の沈着対策にもなるでしょう。

 

最近、顔の汗がとまらなくて困っている人が多いようです。顔汗の原因は、甲状腺の機能が異常をおこしている事が原因の
場合がありますが、そうでない場合い顔汗を止めることができるかもしれません。

 

顔汗でなやんでいる人は、一度参考にしてみるといいかもしれません。
顔汗 止めるために必要な事をまとめました。